「なぜ?」に答えるブログ

トレーナー活動、施術を行うなかで、疑問を持たれた事に対する、説明やフォローアップをするためのブログです。

5)柔軟性は何故大事?

 「ケガをしにくくなる」から、必要って聞いたよ。

 

多くの人がそう聞いていると思います。

実は、

体が硬くても、軟らかくても、ケガ・障害の発生率に直接の影響はありません。

 

1970年頃にアメリカのボブ・アンダーソンというトレーナーが

ストレッチに関する本を出版しました。

 

それ以降、ストレッチは全世界に広がっていきました。

(厳密には1920年過ぎに、インドからヨガが輸出されてから)

 

しかし、今に至るまでの研究で

「ストレッチがケガや障害を予防した」というものは皆無なんです。

 

 

え?じゃあ柔軟性は必要ないの?

 

いいえ。

「パフォーマンスを上げる」には

柔軟性は不可欠です。

 

どういうことか、やってみましょう。

 

<1回目>

仰向けに寝ます。

両足を伸ばします。

膝を曲げずに、片足を高く上げてみましょう。

力まずに、反動・勢いはつけずゆっくりと、です。

この時、もう一方の足は、床にまっすぐです。

 

意外と

上がらないものですよね。

これは、モモ裏やお尻の柔軟性が高ければ、より高く上がります。

 

 

<2回目>

同じことをやるのですが、

力を入れ上げられるところまで上げます。

そして、上げたところで維持します。

 

少し

疲れる感じありますか?

 

柔軟性が低いと、

元の状態にもどろうとする力が強く働きます。

様々な筋肉を使って、戻らないように「頑張ってます」

 

これでもかっ!てくらい、プルプル力を入れながら。

 

疲れますよね。

 

だけど、

サッカーのキックする時って、

今の頑張ったところより、大きく動かしてるはずです。

 

 

今の動作で、

柔軟性が低いということは、モモの後ろに

大リーグボール養成ギブス

つけてキックをしているようなことになります。

柔軟性が低い人ほど、強いギブスを。

f:id:andoit:20161121000759p:plain

 

本物の養成ギブスは、

装着後にそれなりに得る成果があります。

 

しかし、柔軟性が低いことによるギブスは、疲れやすいだけ、、、。

 

 

 良いパフォーマンスには、柔軟性は大事です。

 

<まとめ>

・柔軟性は良いパフォーマンスのためには必要。

・実は柔軟性の低さとケガに関する「直接的」研究結果はほとんどない。

 

△柔軟性が低い→ケガをする

〇柔軟性が低い→疲れやすい→体が無理をする→ケガにつながりやすい

という考え方を、私はします。

 

 次回は、<柔軟性を高めるには?>で書いてみます。

 

 

 

 

 

 

4)膝の痛くなる体の使い方?

質問です。

階段を上るとき、降りるとき 

それぞれ、モモの前と後ろではどちらを使うことが多いでしょうか?

 

 

膝に負担のかかる体の使い方はたくさんあります。

というか、極論を言えば、

あらゆる動作は負担にも、逆に膝痛予防にもなりえます。

 

正しく体を使えば、負担は少なく、強化できるということに落ち着くと思います。

 

今回は膝痛の中でも、オスグッドやジャンパー膝といわれるような

膝の中央下部の痛みに特に関係することを書きます。

 

andoit.hatenablog.com

 

↑結論としては、モモ前の筋肉が硬くなるのを防ぎたいということです。

 

 

スポーツ動作において、

「止まる」時に、モモ前の筋肉を使うことが増えると、

膝痛につながることが多いです。

 

 

質問の答えに戻ります。

多くの場合、

上るときには、モモ裏を、

降りるときには、モモ前を、使います。

 

どうして、こうなるのか。

最初の決め手は足首の動きになります。

 

上るときは、踵から

降りるときは、つま先から 足を着きに行きませんか?

 

この足首の動きに連動して、膝・股関節の動きがつながり、

モモの前か、後ろ、どちらかを優位に使うことになります。

 

 

スポーツ動作における「止まる」とき

つま先、踵、どちらから着地してますか?

膝・股関節の動きを出せていますか?

 

モモ裏の筋肉を使うときは、同時にお尻の筋肉も使えます。

 

モモ前 と モモ裏+お尻

 

筋肉は、基本的には大きいほど強い力が使えます。

ので、大きな力が使えるのは、後者です。

 

モモの前の筋肉に、頼って、膝痛くしてませんか?

 

 

 

<まとめ>

膝下の痛みは、モモ前の筋をたくさん使うから。

 

大きな力が使えるのは、モモ裏+お尻。

 

次回は<柔軟性はどうして大事?.>書いてみます。

 

<参考動画>


JJ Taylor ( Corona, Centennial,CA) Sick Spin Move : PassingDown SoCal Regionals 2015

止まるときに、踵から接地。

膝・股関節がバッチリ連動していて、

もも裏、お尻による、大きな力で止まることができてます。

 

 

3)体のクセはない方が良いの?

体のクセは、

あっても良いです。しかし、ない方が良い、

わけでもないです。

曖昧ですね(笑)

 

ただ、一つだけはっきり言えるのは

傷みや苦痛を伴うクセは少なくしないといけない、

ということです。

 

 

体のクセは、生まれたときから、始まります。

 

ここで質問です。

 

あなたの肩は、どちらかが下がっていませんか?

 

これが、どういことか、試してみましょう。

右の肩をあげて、目一杯耳に近づけて下さい。

その状態で、上半身だけで、後ろを振り返る事をしてみてください。

 

右の肩が上がってると、右周りやりにくくないですか?

左回りの方がやり易いはずです。

 

「どちらの肩が上がっているか」

は体の振り返りのクセを見つけられます。

 

 

で?って話をしていきます。

クセが何故できるのかは、

 

繰り返し、繰り返しその動作を行うことを体が覚えてしまったからです。

 

そんなに、普段から体を捻ることしてないよ?と思うでしょうが、体は正直。

完全にねじらなくても、無意識下でも、

 

少しでも、ねじった状態をしているだけで、筋肉は反応しています。

 

<右肩が上がり、左肩が下がっている場合>

左に回るのが得意です。

 

背骨は左に回ります。

左に回るためには、肩の動きも起こります。

 

同時に、左骨盤、左足に重心が、よります。

左に重心を寄せるには、左の内ももの筋を使います。

股関節も、両方振り向く方を向きます。

 

左股関節は左(外向き)に、

右股関節は左(内向き)に。

 

その他、膝や、足首も全て連動してクセがつきます。

 

(このクセが強すぎると、体の弱いところには、痛みや苦痛がでる場合があります)

 

要するに、

クセがつくと、その動作がやり易い体に変化します。

 

野球選手の場合のスイング、

基本は一方向ですよね。

 

ということは、

スイングをやりやすい体

=どちらかに捻ることに特化した体

なわけです。

 

魔法使いがいたとします。

 

あるプロ野球選手に対して、 

魔法使いが

「むむっ!オマエの体は歪んでる!均等にする魔法をかけておいたぞ!」

何てことをしてしまったら、

その野球選手は、しばらくはパフォーマンスがおちてしまうでしょうね。

 

<まとめ>

クセはあっても良いが、

傷みや苦痛を伴うものは良くない。

 

次回は、

<膝に負担のかからない体の使い方>

について書いてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2)体のクセはいつできる?

クセはどうしてできるのかと言われると、、、

一言で言うと

「体がその動作を覚えてしまったから」

 

 

最近、こんなことを聞きました。

「ベビーベッドは部屋の隅に置くな」

 

ベッドを、部屋の隅に置くと

赤ちゃんは、声をかけられたときに、一方にしか体を捻らない状況になる。

そうすると、体に一方に捻るクセがつく。

 

もしも、ベビーベッドを置くときは

部屋の真ん中に、そして、両方から均等に声をかけて、と。

 

これは、極端な話ですが、

要するに、

産まれたときから、クセはできるということです。

 

 

人間の動きは

脳→神経→筋→骨  の順番で起こります。

 

脳で命令をして、神経がその伝達、筋肉が縮み、骨を引っ張って、動きができる。

 

筋肉につながる神経は、たくさん数があります。

 

 

体が動作を覚えるとき、

たくさんある神経の中から、同じところを安定して通るまでは

 

300回から500回かかると言われます。

この同じ神経を使うことがクセになるわけです。

 

そして、

クセを取りたいとき(動きの再学習)には

3000回から5000回、別の動作を繰り返さなければいけないとされます。

 

 

また、正しい体の使い方をしないと怪我が増えるリスクがあります。

 

<まとめ> 

クセは産まれたときから作られる。

一度覚えた動作は修正するのは大変。

だけど、繰り返すことで必ず修正できる。

 

次回

体のクセはない方が良いの?

書いてみます。 

 

 

 

1)オスグッドは何故起こる?

「押すとグッと痛いからオスグッドって言うの?」
って聞かれました。

え?そうなの?そんなこと言われてるの?って、思っちゃいました(笑)

違います(^^ゞ

オスグッドさんという人

シュラッターさんという人が

ほぼ同じ症例に対し、別々に発表をしたから
正式な名前は「オスグッド・シュラッター病(症候群)と言います。


で、何故起こるか。


すごーく簡単にいうと
もも前の筋肉がなんらかの理由で、固くなって、骨(膝の下)を引っ張るから」

なのでよくある対処法としては、
「もも前の筋を良くストレッチしましょう!」

ってなことになるわけです。


でも、皆と同じくらい動いているのに、他の人は痛くならないの?
ってことになり・・・ません・・?

実は、同じ運動をしているようだけども、

体の使い方は人それぞれ違い、その時に使う筋肉も違います


例えば
「頭の上でチョキの手を作ってください」
と言われたとします。


この時、ある人は、
胸の前でチョキを作ってから、頭の上にあげる
またある人は、頭の上に手をあげてから、チョキを作る

さらには、手をあげるときの軌道も、人によって、違います。


同じ動作、運動をしているつもりでも、使う筋肉は、実は違っていたりするのです。

動かし方は人それぞれ。

ですが、次に同じ動作をやってと言われたら、きっと、特別なことを言われない限りは、同じように動かすはずです。

これが、いわゆる「クセ」です。


この体の「クセ」によって、
モモ前の筋肉を多く使うことをしている場合に、オスグッドになる可能性が高くなることもあります。<まとめ>

オスグッドは、もも前の筋肉の硬さから起こる。

体の使い方にはクセがあり、
同じような動作でも、
人それぞれ、負担のかかる場所が違う
ことがある


・・・次回<体のクセは何故できる?>で書いてみます。