「なぜ?」に答えるブログ

トレーナー活動、施術を行うなかで、疑問を持たれた事に対する、説明やフォローアップをするためのブログです。

12)パフォーマンスってなんだ?

トレーナーとしての仕事の役割の一つに 「パフォーマンスの向上」があります。 パフォーマンスってどうすれば良くなるのかを考えていきます。 下手くそな絵は 「パフォーマンスピラミッド」というものを簡単に表しました。 <ピラミッド> ①健康的な日常生活…

11)足首の捻挫?

サッカーの現場に行くと、必ず一人はいます。 足首の捻挫の経験者。 足首は、比較的自由に動かせる関節です。 足首を 曲げる、伸ばす、内にねじる、外にねじる、回す など色々できるはずです。 だけど、足首の捻挫をする人たちは、 基本的に同じ所を痛めてい…

10)倒れないようにするには? 後編

後編です。 andoit.hatenablog.com 倒れてしまうのは、 重心が、支持基底面の外に出た状態 のままでいるからです。 倒れないために必要な能力は、 ①重心が動かないようにする能力 ②動いた重心を感じる能力 ③動いた重心をコントロールする能力 が必要になりま…

9)倒れないようにするには? 前篇

中学生に相談されました。 まだ成長期の来ていない子でした。 体の線が細く、サッカーの試合中、 ぶつかられると倒れてしまうので、何とかしたいとのこと。 その為に「体幹トレーニング」をチームでも、 そして 自分でもやっているそうです。 果たしてこれは…

8)効果的な筋トレ?

今回は「効果的」な筋トレについて考えてみます。 効果的=目標に近づくための最大限の成果、とします。 ストレッチの目的は、筋肉を伸ばすこと。 より大きな成果を得るために 筋肉のスタートとゴールを遠ざけました。 さて、筋トレの目的は? ちょうど、高校…

7)効果的なストレッチ?

効果的なストレッチを行うには 筋肉の 「スタート地点とゴール地点を遠ざける」 ことがポイントです。 モモ前の筋肉で説明します。 【大腿四頭筋・だいたいしとうきん】と言います。 この筋肉は4つに分かれます。 http://www.cudan.ws/kinyo/kaibo/knee-joi…

6)柔軟性を高めるには?

「ストレッチ」は 柔軟性を高めるのに効果的なトレーニングです。 よーし! 軟らかくなるためにいっぱいやるぞー! オイッチ(グイッ!) ニッ(グイッ!) サンッ(グイッ!) シッ(グイッ!) 残念ながら、このやり方では 柔軟性は 下がってしまいます。 …

5)柔軟性は何故大事?

「ケガをしにくくなる」から、必要って聞いたよ。 多くの人がそう聞いていると思います。 実は、 体が硬くても、軟らかくても、ケガ・障害の発生率に直接の影響はありません。 1970年頃にアメリカのボブ・アンダーソンというトレーナーが ストレッチに関する…

4)膝の痛くなる体の使い方?

質問です。 階段を上るとき、降りるとき それぞれ、モモの前と後ろではどちらを使うことが多いでしょうか? 膝に負担のかかる体の使い方はたくさんあります。 というか、極論を言えば、 あらゆる動作は負担にも、逆に膝痛予防にもなりえます。 正しく体を使…

3)体のクセはない方が良いの?

体のクセは、 あっても良いです。しかし、ない方が良い、 わけでもないです。 曖昧ですね(笑) ただ、一つだけはっきり言えるのは 傷みや苦痛を伴うクセは少なくしないといけない、 ということです。 体のクセは、生まれたときから、始まります。 ここで質問…

2)体のクセはいつできる?

クセはどうしてできるのかと言われると、、、 一言で言うと 「体がその動作を覚えてしまったから」 最近、こんなことを聞きました。 「ベビーベッドは部屋の隅に置くな」 ベッドを、部屋の隅に置くと 赤ちゃんは、声をかけられたときに、一方にしか体を捻ら…

1)オスグッドは何故起こる?

「押すとグッと痛いからオスグッドって言うの?」 って聞かれました。え?そうなの?そんなこと言われてるの?って、思っちゃいました(笑)違います(^^ゞオスグッドさんという人 と シュラッターさんという人がほぼ同じ症例に対し、別々に発表をしたから 正式…