「なぜ?」に答えるブログ

トレーナー活動、施術を行うなかで、疑問を持たれた事に対する、説明やフォローアップをするためのブログです。

3)体のクセはない方が良いの?

体のクセは、

あっても良いです。しかし、ない方が良い、

わけでもないです。

曖昧ですね(笑)

 

ただ、一つだけはっきり言えるのは

傷みや苦痛を伴うクセは少なくしないといけない、

ということです。

 

 

体のクセは、生まれたときから、始まります。

 

ここで質問です。

 

あなたの肩は、どちらかが下がっていませんか?

 

これが、どういことか、試してみましょう。

右の肩をあげて、目一杯耳に近づけて下さい。

その状態で、上半身だけで、後ろを振り返る事をしてみてください。

 

右の肩が上がってると、右周りやりにくくないですか?

左回りの方がやり易いはずです。

 

「どちらの肩が上がっているか」

は体の振り返りのクセを見つけられます。

 

 

で?って話をしていきます。

クセが何故できるのかは、

 

繰り返し、繰り返しその動作を行うことを体が覚えてしまったからです。

 

そんなに、普段から体を捻ることしてないよ?と思うでしょうが、体は正直。

完全にねじらなくても、無意識下でも、

 

少しでも、ねじった状態をしているだけで、筋肉は反応しています。

 

<右肩が上がり、左肩が下がっている場合>

左に回るのが得意です。

 

背骨は左に回ります。

左に回るためには、肩の動きも起こります。

 

同時に、左骨盤、左足に重心が、よります。

左に重心を寄せるには、左の内ももの筋を使います。

股関節も、両方振り向く方を向きます。

 

左股関節は左(外向き)に、

右股関節は左(内向き)に。

 

その他、膝や、足首も全て連動してクセがつきます。

 

(このクセが強すぎると、体の弱いところには、痛みや苦痛がでる場合があります)

 

要するに、

クセがつくと、その動作がやり易い体に変化します。

 

野球選手の場合のスイング、

基本は一方向ですよね。

 

ということは、

スイングをやりやすい体

=どちらかに捻ることに特化した体

なわけです。

 

魔法使いがいたとします。

 

あるプロ野球選手に対して、 

魔法使いが

「むむっ!オマエの体は歪んでる!均等にする魔法をかけておいたぞ!」

何てことをしてしまったら、

その野球選手は、しばらくはパフォーマンスがおちてしまうでしょうね。

 

<まとめ>

クセはあっても良いが、

傷みや苦痛を伴うものは良くない。

 

次回は、

<膝に負担のかからない体の使い方>

について書いてみます。